静岡県浜松市で交通事故の治療先をお探しの方へ。首や腰、手足のつらい症状でお困りの方のための交通事故治療を行っております。

交通事故の被害に遭われた被害者の方

  • HOME »
  • 交通事故の被害に遭われた被害者の方
各種項目 内容
適応となる保険 加害者側の自賠責保険
患者さんの窓口負担 0円(後日、接骨院が保険会社へ請求します)
慰謝料・休業補償の請求 実治療日数・治療期間等により算出
保険等級の格下げ なし
備考 警察への申し出後、保険会社に当院への受診希望をご連絡いただけば、
手続きは完了いたします。金銭的負担はございません。

詳細

被害者側の立場になられた場合には、相手方の自賠責保険の適応となります。

自賠責保険は、自動車を運転している方なら加入を義務づけられている保険です。
自賠責保険に入っていなければ、法律上、自動車を運転できない
とされているくらい強制力のある保険です。

ですので、ほとんどのケースでは自賠責保険の適応されます。
※まれではありますが、相手方が未加入の場合もあります。
⇒ 未加入の場合の対処はこちら

自賠責保険を使用しますので、患者さんの治療費負担は0円です。

接骨院側で保険会社のほうに治療費の請求をしますので、
患者さんに負担をかけることは一切ありません。

自賠責保険での補償範囲限度 ~接骨院に関わるもの~

傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。
総額120万円まで補償される仕組みになっています。

接骨院の通院の中で関係があるのは、以下の二種類の費用となっています。

◆治療費
診察料や手術料、または投薬料や処置料、入院料等の費用など。
治療に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

◆慰謝料
交通事故による精神的・肉体的な苦痛に対する補償。
1日4,200円が支払われ、対象日数は被害者の傷害の状態、
実治療日数などを勘案して治療期間内で決められます。

まず治療費に関しましては、自賠責保険よりすべて補償されますので、
患者さんに負担がかかることは一切ありません。0円です。

窓口で先に支払って、あとから領収書を提出する…、
といった面倒な手続きも一切ありません。本当に0円です。
診察券だけお持ちいただいて治療を受けていただけば結構です。

もう一つ、慰謝料に関することなのですが、
慰謝料は原則1日4200円支払われる形となります。
慰謝料は、法律で定められた次の計算式に基づいて支払われます。

【治療期間】
治療開始日から治療終了日(通院先への相談の上、保険会社へ自己申告)までの日数

【実治療日数】
実際に治療を行った日数

◆実際の慰謝料の計算式
【実治療日数】×2 もしくは 【治療期間】 の少ないほうに、
4200円をかけたものが慰謝料として支払われる形になります。

これだけでは意味が伝わりにくいと思いますので、例をあげて説明してみます。
正確な数字ではありませんが、参考までにご覧いただければと思います。

◆慰謝料計算の例
1月1日から3月31日まで、90日間通院したとします。
週に3日間、通院する形をとりました。

週3回 × 4週 × 3ヶ月 = 36
⇒ この場合、実治療日数は36回になります。

1月1日から3月31日までの日数 = 90日
⇒ この場合、治療期間は90日間となります。

  ↓↓↓↓↓↓

【実治療日数】 36回 × 2 = 72
【治療期間】  90

このケースでは実治療日数の72のほうが数は小さいので、
72に4200円を書けた数字、302,400円が支払われます。

このような形で慰謝料は計算されますので、
少し難しいですが覚えておかれることをお勧めします。

下記の補償内容との関連もありますので、
この金額よりも増減があることをご了承ください。
あくまでも基本的な計算方式を書かせていただきました。

自賠責保険での補償範囲限度 ~接骨院には直接関わりにくいもの~

◆看護料
原則として12歳以下の子供に近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の、
入院中の看護料や自宅看護料・通院看護料。入院1日4,100円、自宅看護か通院1日2,050円。

これ以上の収入減の立証で近親者19,000円、
それ以外は地域の家政婦料金を限度に実額が支払われます。

◆諸雑費
入院中に要した雑費。
原則として1日1,100円が支払われます。

◆通院交通費
通院に要した交通費。
通院に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

◆義肢等の費用
義肢や義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖などの費用。
必要かつ妥当な実費が支払われ、眼鏡の費用は50,000円が限度。

◆診断書等の費用
診断書や診療報酬明細書などの発行手数料。
発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

◆文書料
交通事故証明書や印鑑証明書、住民票などの発行手数料。
発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

◆休業損害
事故の傷害で発生した収入の減少(有給休暇の使用、家事従事者を含む)。
原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証で19,000円を限度として、その実額が支払われます。

これらのものが総額120万円まで補償されます。
基本的に患者さんに行っていただく手続きはありませんので、
保険会社へ連絡後、ご来院いただければ治療させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 053-482-0033 9:00~12:00/15:00~20:00
(終了15分前までの受付)
【休診日】土曜午後、日曜、祝祭日

PAGETOP
Copyright © 菜の花接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!