交通事故直後の警察への届出は、法律で義務づけられています。

警察への届出がない場合には、交通事故の治療や車の修理に関係してくる
「交通事故証明書」という非常に重要な書類をもらえなくなってしまいます。
これがなければ、治療や修理を行うことが困難になります。

警察への届出は加害者に義務付けられたものですが、
どちらが加害者なのかわからなかった場合であったり、
当て逃げ・ひき逃げなどの場合には被害者側が届けることも可能です。

特に怪我を負った場合には「人身事故扱い」という届出が必要で、
この届出がない場合には、接骨院や病院での交通事故としての扱いでの
治療ができなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

また、あとあとトラブルになったり、書類の記入等で必要になる場面も
ありますので、届け出た警察署の名前、担当者の名前をしっかりと
メモしておいて保管しておくといいと思います。

担当者の名前がわからないことによって、
スムーズに手続きが進まなかったというトラブルも
実際に起こっていますのでここは注意が必要だと思います。