当院に交通事故の怪我で受診される方のほとんどが
首の痛み・肩周りの痛み・違和感を訴えられます。

人によって症状はばらばらで、事故直後に強い痛みが発生したり、
2週間位してから急に痛みが発生するケースもあります。

これらはすべてむち打ち症と呼ばれている怪我です。
病院などの正式名称では「頚部捻挫(けいぶねんざ)」とよばれます。

診断書などに頚部捻挫と書かれていた場合には、
イコールむち打ち症だということになります。

人間の頭は私たちが思っている以上にずっしりと重く、
事故の衝撃で前後に揺らされることによって、首の筋肉や関節、
神経・血管といった部分にダメージが入ります。

これによってさまざまな症状が発生することになります。

代表的な症状としては次のようなものが多いです。

・痛み
・張り
・だるさ
・腕のしびれ
・首を動かしたときの違和感
・音が鳴る
・めまい
・眼の疲れ
・歯の違和感
・歯茎の違和感
・指先のしびれ
・冷え

などなど、数多くの症状を発生させます。