むち打ちとは、強い衝撃がカラダに加わって
頭が前後に揺らされて起こる怪我のことを言います。

私たちの頭は想像以上に重たいですから、
ぐらぐらと揺らされてしまうとそれを支えている筋肉に
強いダメージが加わって、さまざまな症状が発生します。

むちのようにしなって怪我をする、という意味で、
正式名称は「頚部捻挫(けいぶねんざ)」と呼びます。

病院の診断書などでこのように書かれていた場合には
むち打ちだと診断されたということになります。

首の筋肉や靭帯、関節などを痛めたことで、
首や肩、背中に痛みが走り、持続する症状を指します。

症状自体は長期間にわたることが多いのですが、
しっかりと治療していけば治ることが多いです。